上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
この間のデートの時夜にしんちゃんと初めて喧嘩しちゃいました;;

けんかといっても大声で何か言いあったりとかじゃなくて、ある事がきっかけで私がすねて気持ちが伝わらなくて「もう寝るっ」って言って布団にもぐちゃったんよね。

その後すんすん泣いてしまってしばらくはしんちゃんが横にいたんやけど隣の部屋に行っちゃってちょっとしたら急に玄関のドアを開ける音が・・・・・・。



「えっ!??」って思って起き上がったんやけどしんちゃんの姿はなくて、電話しても出てくれなくて2回目の電話で出てくれた。


「なんでchikaが怒ってるのかわからないし、泣いてるし、俺はどうすればいいのかわからなかった。 お互い頭を冷やした方がいいと思うから出てった。 今二人でいても気まずいだけやと思う。 朝までには帰るから寝とき」


って。

そんなの寝れる訳ないし矛盾してるけど泣きながら「もう泣かないから。 今一緒にいるのが嫌やったらうちが出てくから帰ってきて」って言ってしぶしぶやと思うけど帰ってきてもらいました。



やっぱり気まずかったんやけどしんちゃんが「とりあえず寝よう」って言い出して、chikaはベッドで寝ていいから俺は隣の部屋で寝るって。



私はそんなの絶対嫌で、今ちゃんとお互いの気持ちを伝えておかないと絶対ダメやって思ったから一生懸命私の気持ちを伝えました。

どうしてすねてしまったのかとか泣いてしまったのかとかなかなか言葉が見つからなくて説明出来なかった(´Д`A;)
でもなんとか伝えて、しんちゃんも私に思ってる事を言ってくれて二人でごめんねってして一緒に寝る事にしました。



でもね、部屋を暗くしたとたんすごく悲しくなっちゃって。゚(゚´Д`*゚)゚。

いっきに涙がどばどば出てきて声出して嗚咽まじりになる位泣いちゃった(´Д`A;)

そんなに泣いたの初めてでしんちゃんもびっくりしたと思います。



というか私は人前で無くのが恥ずかしくて苦手なので今までしんちゃんの前で泣いたのも1回だけやったし・・・・・・。
(前から観てくれてる人は知ってくれてると思うけど、c「あんな家に住みたいね~」s「じゃあ遊びに行くわ」っていうやつです;)


なんでこんなに泣いちゃったのか最初はわからなかったけど、しんちゃんに抱き占められながら自然と私から出た言葉は



「いきなり出ていかないで。 怖かった。 一人にしないで」



でした。

思ってたよりもかなり動揺があったみたいでほんと怖かったんよね。

しんちゃんが何も言わずに出てくなんて初めてやったから。

喧嘩だってした事なくて(私がスネたりした事は何回かあるけど)どうすればいいかわかんなくて・・・・・・。



しんちゃんは一生懸命力いっぱい抱きしめてくれて「ゴメンね。 もう絶対出ていかないから」って言ってくれました。

これからは喧嘩してもちゃんと話し合って解決しようねって決めました。

なかなか泣きやめなかったんやけどずっと抱きしめてくれてました^^



しばらくして落ち着いてきたので、電気をつけてちゃんと顔を見て「ごめんね。 ありがとう」って伝えようとしたんやけど、



「ダメっ俺もうるうるってきちゃってるから点けないで」



って阻止されました笑

二人して夜中に泣いて何してんだって感じですよね(;¬∀¬)




でも今回のこの喧嘩?で二人の距離がぐっと縮まった気がする。

もう何でもわかりあってるって思ってたけどまだまだでした。

こうやってちょっとづつ夫婦になる準備をしていくのかな?^^



ほんとに悲しくて悲しくて、あんな些細な事でしんちゃんを怒らせてしまった自分にも腹が立って・・・・・・。

でもなんかちょっと成長できたかな?



っていうこんな出来事がありました;;



普段ほんと喧嘩とかしないのでいざこうなるとどうすればいいかわからなくなるね;

とりあえずこれからの教訓としては今まで以上にちゃんと気持ちを伝え合うっていう事かな??





なんか長くなってしまいましたが読んでくれてありがとうございますっ^^


次の日起きた時なんかめっちゃ恥ずかしかった笑

***********************************

ランキング

両思いFC2 Blog人気ブログ

***********************************
スポンサーサイト
2011.08.28
Secret

TrackBackURL
→http://hajimetenokoi.blog54.fc2.com/tb.php/596-91fd7032
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。